2015年4月18日土曜日

インストールしておくと便利なアプリケーションなど

はじめに

新しいバージョンのRaspberry Pi が発売されるたびに性能が向上し、Raspberry Piを通常のPCの代替とすることも現実的になってきました。そこで、Raspberry Piを通常のPCのように用いる際、インストールしておくと便利なアプリケーションや設定等をいくつか紹介します。全てのRaspberry Piで動作するはずですが、より快適に動作する環境という意味で、Raspberry Pi 2やPi 3を推奨します。

なお、このページのコマンドを実行する前に、必ず下記のコマンドをターミナルソフトウェアLXTerminal上で実行し、インストール可能なパッケージのリストを更新しておいてください。
$ sudo apt-get update

日本語入力

日本語入力のためのアプリケーションは、用いているRaspbianのバージョンによってお勧めが異なります。

まず、NOOBS 1.4.2以降のRaspbian(Jessie)の場合、Googleが開発した日本語入力システムMozcをインストールするのが良いと思います。
$ sudo apt-get install ibus-mozc
インストール後はまずRaspberry Piを再起動します。その後、下図のように「US」と書かれた部分をマウスでクリックし「日本語 - Mozc」を選択してください。あとは「半角/全角」キーで日本語入力のオンオフを切り替えられます。


一方、NOOBS 1.4.1までのRaspbian(Wheezy)の場合、ターミナルソフトウェアLXTerminal上で下記のコマンドを実行すると、uimとuim-anthyと呼ばれるアプリケーションがインストールされ、日本語入力が行えます。ただし、sudoで起動したアプリケーションには日本語入力できませんのでご注意ください。
$ sudo apt-get install uim uim-anthy
インストール後は一度Xを再起動してください。「半角/全角」キーを押すか、「Shift+スペース」により日本語入力モードのオンオフを切り替えできます。

日本語フォント

NOOBS1.4.2~NOOBS 1.9.2のRaspbian(Jessie)には日本語が含まれておらず、日本語表示の設定をすると全て文字化けしてしまいました(NOOBS 1.9.3以降では解決されています)。
また、 NOOBS1.4.1までのRaspbian(Wheezy)ではそのままでも日本語表示できますが、IDLE上で日本語入力するときに文字化けするなどの現象が時々起こります。

以上のような問題を、日本語フォントを追加インストールすることで解決できます。 まず、Jessie系列のRaspbianにおける文字化けを回避する目的でしたら、下記のフォント一つのみのインスト―ルで構いません。
$ sudo apt-get install fonts-vlgothic
それ以外にも、下記のフォントがインストール可能です。
$ sudo apt-get install ttf-kochi-gothic ttf-kochi-mincho fonts-takao fonts-vlgothic fonts-ipafont xfonts-intl-japanese xfonts-intl-japanese-big xfonts-kaname 
インストール後はXを再起動すると、メニューなどで用いられるフォントが変わっているはずです。

ブラウザ

RaspbianのデフォルトのブラウザはNOOBS 1.9.2まではepiphanyでしたが、ブックマーク機能がやや貧弱でした。ブックマーク機能の豊富なブラウザを用いるようにすればより便利にブラウジングできるでしょう。ただし、Raspbianのバージョンにより、利用可能なブラウザは異なります。

まず、NOOBS 1.9.3以降のRaspbian(jessie)では、Google ChromeのベースとなったChromiumブラウザがデフォルトブラウザとなっています。最新のNOOBSを利用できる方は、これを用いるのが一番簡単でしょう。GoogleのアカウントでChomiumにログインすると、Google Chromeとブックマークや設定を同期することができます。

ChromiumブラウザがデフォルトではないRaspbian(jessie)でも、Firefoxの長期サポート版であるFirefox ESRが利用できます。ターミナルを起動して下記のコマンドを実行することでインストールできます。
$ sudo apt-get install firefox-esr firefox-esr-l10n-ja
インストール後は、メニューから「インターネット」→「Firefox ESR」で起動できます。


NOOBS 1.4.1以前に含まれるRaspbian(wheezy)ではバージョンの古いChromiumブラウザをインストールできます。 ターミナルを起動して、下記のコマンドを実行してインストールします。
$ sudo apt-get install chromium-browser chromium-l10n
ただし、このChromiumはかなり古いため、Googleアカウントでログインしてブックマークを同期する、というChromiumの大きな特長を利用することができません。ですので、新しいNOOBS (Raspbian)を利用することを検討するのが良いでしょう。

オフィススイートLibreOffice

Microsoft Office互換のオフィススイートとしてOpenOfficeがありますが、そこから派生したのがLibreOfficeです。 LibreOfficeはNOOBS 1.4.2に含まれるRaspbianからはデフォルトでインストールされていますが、それ以前のバージョンのNOOBSでは 下記のコマンドでインストールします。
$ sudo apt-get install libreoffice
インストール後は、メニューから「オフィス」を辿ると各種アプリを起動できます。Base(データベース)、Calc(表計算)、Draw(お絵描き)、Impress(プレゼンテーション)、Writer(ワープロ)があります。Microsoft Officeで作成されたファイルの読み書きもできますが、RaspbianにはWindowsやMac OS Xと同じフォントはインストールされていませんので、互換機能はオマケ程度に考えた方が良いでしょう。

画像編集ソフトgimp

Photoshopのように画像編集を行えるソフトウェアがgimpです。下記のコマンドでインストールします。
$ sudo apt-get install gimp
インストール後は、メニューから「グラフィックス」→「GIMP(GNU Image Manipulation Program)」を選択することで起動できます。

お絵描きソフトinkscape

Illustratorのようにお絵描きを行えるソフトウェアがinkscapeです。下記のコマンドでインストールします。
$ sudo apt-get install inkscape
インストール後は、メニューから「グラフィックス」→「Inkscape」を選択することで起動できます。

テキストエディタgedit

RaspbianにはLeafpadというテキストエディタがデフォルトでインストールされていますが、書籍で触れたようにこれはプログラミングには向きません。プログラムを書くのに適したテキストエディタとしては例えばgeditがあり、下記のコマンドでインストールします。
$ sudo apt-get install gedit
インストール後は、メニューから「アクセサリ」→「gedit」を選択することで起動できます。

ターミナルソフトウェアgnome-terminal

RaspianにはLXTerminalがインストールされており、通常はこれを用います。これでは機能が足りないという場合、gnome-terminalと呼ばれるソフトウェアをインストール用いることができます。私自身は、ターミナルの文字コードをEUC-JPやShift JISに変更したいときにこれを用いています。下記のコマンドでインストールします。
$ sudo apt-get install gnome-terminal
インストール後、メニューには現れませんので、LXTerminalから下記のコマンドで起動します。
$ gnome-terminal
また、本ページの最後で紹介する「アプリケーション・ランチャー」の追加の方法で「アクセサリ」→「端末」を追加すると、アプリケーション・ランチャーからも起動できるようになります。

画像閲覧のデフォルト

ファイルマネージャで画像ファイルをダブルクリックすると、Raspbianのバージョンにより、「NetSurf WebBrowser」か「イメージビューワ」のどちらかで開かれるか、あるいは開くアプリケーションを問われるだろうと思います。イメージビューワが、「起動が高速」、「画面解像度に応じて画像が縮小表示される」という点でおすすめできますので、こちらをデフォルトにすることを推奨します。

方法は、「ファイルマネージャで画像ファイルを右クリック」→「アプリケーションで開く」→「選択したアプリケーションをこのファイルタイプのデフォルトアクションとする、にチェックした上で起動するアプリケーションを選択する」という流れになります。イメージビューワは「アクセサリ」→「イメージビューワ」と辿って選択できます。

画像閲覧以外にもこの方法でデフォルトアプリケーションを選択できますので、覚えておくと良いでしょう。

私の場合、他にはPDF閲覧のデフォルトアプリケーションをgimpからPDF Viewer(xpdf)に変更しました。

アプリケーション・ランチャーやデスクトップへのアイコン追加

最後に、アプリケーション・ランチャーやデスクトップにアプリケーション起動用のアイコンを追加する方法を紹介します。Raspberry Piのデスクトップの画面上部のバーは「パネル」と呼ばれ、デフォルトでは下図のように左から「メニュー」、「アプリケーション・ランチャー」、「タスクバー」などで構成されます。

なお、パネルがどのような要素で構成されているかは、パネル上で右クリックし「パネルのアイテムの追加・削除」を選択すると、下図のような画面が現れますので、そちらで知ることができます。


まずはアプリケーション・ランチャーにアイコンを追加する方法です。

デフォルトでアプリケーション・ランチャーにいくつか存在するアイコンの上で右クリックし、「アプリケーション・ランチャーSettings」を選択します。


すると、下図のようにアプリケーション・ランチャーの設定画面が現れます。

右側にインストールされているアプリケーションの一覧が現れますので、どれか一つを選択肢、「追加」ボタンを押すと左側にコピーされ、アプリケーション・ランチャー上に表示されます。さらに「上へ」ボタンで好みの位置に移動します。

ランチャのアイコンのどれかを削除したい場合もこの設定画面を用います。


実際に、上でインストールしたChromiumブラウザのアイコンを追加した様子が下図です。


次に、デスクトップ上にアイコンを追加する方法です。下図のように、追加したいアプリケーションをメニューからたどります。そして、アプリケーション名の上で右クリックし、「デスクトップに追加」を選択します。



以上で、デスクトップ上にアプリケーション起動用のアイコンが現れます。


0 件のコメント:

コメントを投稿