2016年2月10日水曜日

キーボードのCaps LockキーとCtrlキーを入れ替える

Raspberry PiはLinux系OSをインストールして用いられることが多いのですが、Linux系OSではキーボードの「Ctrl」キーを多用します(Windowsでも「コピー」と「貼り付け」の機能に「Ctrl」キーを使いますね)。

そのため、Ctrlキーが押しやすい位置に配置されたキーボードが好まれる傾向があります。典型的には「A」キーの左隣にCtrlキーが配置されたものです。

古くはSunワークステーション用のキーボード、最近では
などでは「A」キーの左隣にCtrlキーが配置されています。

一般的には「A」キーの左隣に「Caps Lock」キーが配置されたキーボードが広く流通しています。そのようなキーボードを用いる場合も、この「Caps Lock」キーを「Ctrl」キーと入れ替えて「Ctrl」を「A」の左隣に配置する、という設定が、Linux系OSのユーザーに好まれています。

ここではその設定を紹介します(参考にしたサイト)。なお、Raspbianのバージョンにより方法が異なりますので、順に解説します。

まずは、NOOBS 1.5.0~2.8.1 のRaspbian(Jessie/Stretch)で新設定アプリケーションを用いた場合の解説です。設定ファイルは /home/pi/.config/lxkeymap.cfg です。このファイルは、GUIのRapsberry Piの設定アプリケーションでキーボードの設定を一回行うと、自動的に生成されています。

ターミナルソフトウェアLXTerminalで下記のコマンドを実行し、テキストエディタleafpadで設定ファイル .config/lxkeymap.cfg を開きましょう。
leafpad .config/lxkeymap.cfg
このファイルの中に、下記のようにoptionを設定した行があるはずです。「=」の右辺に何が書かれているかは、Raspbianのバージョンにより異なります。
option = lv3:ralt_switch
この行を下記のように編集します。
option = lv3:ralt_switch,ctrl:swapcaps
あるいは、「option =」の行に元から記述がなければ下記のようにすればOKです。
option = ctrl:swapcaps
編集が終わったら、保存してleafpadを閉じます。その後Raspberry Piを再起動すると「Caps Lock」と「Ctrl」が入れ替えられ、「A」キーの左隣が「Ctrl」キーとなっているはずです。
なお、Jessieにおけるキーボードの設定ファイルは、Raspberry Piの起動時は /home/pi/.config/lxkeymap.cfg であり、Raspberry Piの起動後にキーボードを抜き差しすると /etc/default/keyboard が読まれるようになっていますので注意しましょう。

なお、NOOBS 2.8.2 以降のRaspbian (Stretch) では、設定ファイルが /etc/default/keymap のみに変更されました。ですので、下の /etc/default/keymap の設定方法をご確認ください(XKBOPTIONSの部分にctrl:swapcapsを追記するだけです)。

次にNOOBS 1.4.1までのRaspbiam(Wheezy)を用いた場合の解説です。こちらの場合、設定ファイルは /etc/default/keyboard です。ターミナルソフトウェアLXTerminalで下記のコマンドを実行し、テキストエディタleafpadで設定ファイル /etc/default/keyboard を開きます。
sudo leafpad /etc/default/keyboard
このファイルは10行程度が記されていますが、本書の通りにRaspbianの設定をした場合、XKBOPTIONSを設定する下記の1行があるはずです。「CtrlとAltとBackSpaceを同時押しするとXを終了(terminate)する」という内容が既に設定されていることがわかります。
XKBOPTIONS="terminate:ctrl_alt_bksp"
この行を下記のように編集します。
XKBOPTIONS="terminate:ctrl_alt_bksp,ctrl:swapcaps"
ctrl:swapcapsという設定が追加されていることがわかりますね。

なお、もともとのXKBOPTIONSの設定項目が空だった場合は下記のように追記してください。
XKBOPTIONS="ctrl:swapcaps"
編集が終わったら、保存してleafpadを閉じます。その後Raspberry Piを再起動すると「Caps Lock」と「Ctrl」が入れ替えられ、「A」キーの左隣が「Ctrl」キーとなっているはずです。

なお、「Caps Lock」キーは不要と言う場合、下記のようにnocapsを指定すると、「Caps Lock」キーと「Ctrl」キーがどちらも「Ctrl」キーとして機能するようになりますので、お好みの設定を用いてください。
XKBOPTIONS="terminate:ctrl_alt_bksp,ctrl:nocaps"
XKBOPTIONSに設定できる内容は「/usr/share/doc/keyboard-configuration/xorg.lst」というファイルに列挙されていますので、興味のある方は参照してください。

0 件のコメント:

コメントを投稿